WiMAXの解約金はいくら?負担なしにする方法とは

解約時の注意点

Wimaxの解約金はいくら?負担なしにする方法とは

WiMAXは工事不要で外出先でもインターネットに接続できるので、近年注目度が高まり、新規契約を考えている人も多いです。しかし、WiMAX契約で悩みのタネの一つとなっているのが、解約金の存在です。

各携帯キャリアと同じように、1~2年の継続利用を条件として月額料金が安く設定されていることが多いWiMAX。
「たとえ月々の料金が安くても、解約金が高いのでは…」と不安ではないでしょうか?

あなたの次の疑問にお答えします

  • ・WiMAXの解約金は、実際いくらかかるのか知りたい!
  • ・解約金を払わなくても済む方法ってあるの?
  • ・更新月がいつも分からなくなる!更新月なら安く解約できるの?

サービス提供プロバイダのページでは、記載内容がわかりにくいため、不安に感じる方も多いことでしょう。

今回は、WiMAXの解約方法や解約金の具体例を比較しながら、 なるべく少ない負担で解約できる方法をご紹介いたします。

注意!更新月以外に解約すると解約金が発生する

よく耳にする解約金とは「契約解除料」と呼ばれる、契約更新月以外に解約する際に必ず払う必要がある費用です。

基本的には、WiMAXは2年単位での契約となっており、契約更新月の基準は各プロバイダごとに決まっています。

代表的な例として、WiMAX本家の「UQ WiMAX」なら、「更新月」は「課金開始日を含む月を1ヶ月目に数えて、26ヶ月目」となっています。
サービス提供元のウェブサイトに記載されている、契約更新月にWiMAXを解約すれば解約金はかかりません。

具体的な契約更新月の調べ方や確認の方法は、次の章で説明します。実際に発生する解約金の金額を調べてみましょう。
注意!更新月以外に解約すると解約金が発生する

意外と高い!WiMAXの解約金は、2年以内なら約2万円

あまり馴染みがない「解約金」の存在。
まずは、代表的なWiMAX契約の解約に必要な解約金を、下記にまとめてみました。
WiMAXのサービスを提供している会社はいくつもあるので、平均的な解約金についてまとめました。

  • 契約から1~12ヵ月目:19,000円(税抜)
  • 契約から13~24ヵ月目:14,000円(税抜)
  • 契約更新月(25ヵ月):無料
  • 契約から26ヵ月目~:9,500円(税抜)
  • その後の契約更新月:無料

※主なWiMAXサービスの代表的な金額です。
 ご利用中のサービスやプロバイダによって変わります。

有名なモバイルWifi、”WiMAX”は現在多くのプロバイダによってサービスが提供されています。
ですが、WiMAXの大元は”UQ WiMAX”という通信網を利用しているため、解約金には基本的に大きな差がありません。

プロバイダによって料金やサービスの内容が違います。
WiMAXのプロバイダのひとつ”GMOとくとくBB”を例にあげてみます。
”GMOとくとくBB”は、契約後に高額なキャッシュバックを受け取れるプロバイダですが、解約金は2年以内の解約で24,800円(税抜)と、他のプロバイダより高くなっています。
自分の使い方や予定にあったプロバイダ選びがポイントです。

また、 プロバイダやサービスによっては、解約金以外にも様々な費用が発生することもあります。

例えば、先ほど紹介した”GMOとくとくBB”のプロバイダだと、解約の際にSIMカードを返却しなかった場合には、約3,000円の「SIM損害金」を請求されると案内されています。

基本的には、WiMAX端末自体は返却が不要です。
しかし、サービスの提供元によっては「SIMカードは貸与」と記載されており、SIMカードを返却する必要があることもあります。

必須!更新月の確認手順と解約方法

WiMAXの契約中は、プロバイダから「〇月が更新月です」と通知がくることはありません。
解約の手続きをしない場合は、2年間の契約が自動更新されてしまい、解約金がかからない時期は2年後になってしまいます。
スマホの契約と同じように、WiMAXも自分の更新月を把握しておくことが大切です。

では、更新月の確認方法と、解約する時の注意点について見ていきましょう。

更新月の確認方法

更新月は多くが2年(24か月ごと)の表記になっていますが、実際の数え方は、各種プロバイダやサービスによって異なっています。

一部の主要プロバイダの契約更新月は、以下のようになっています。

更新月の数え方 確認方法
GMOとくとくBB 端末発送月の翌月を1ヵ月目として25ヵ月目 http://gmobb.jp/support/

事務手続きサポート

(平日10:00~19:00) 0570-045-109

UQ WiMAX 課金開始日の月を1ヵ月目として26ヵ月目 http://www.uqwimax.jp/support/wimax/contact/

0120-929-818 携帯電話・PHS可(9:00~21:00 年中無休)

BIGLOBE サービス開始日を0ヵ月目として24ヵ月目 http://support.biglobe.ne.jp/ask/other/inquiry1.html

一般電話から0120-86-0962

または(携帯電話など)03-6385-0962

2年ごとの更新月はついつい忘れてしまうこともあるため、携帯のスケジュールに更新月のリマインダを設定しておくのが良いでしょう。
自分で更新月を管理することが手間と感じる方は、WiMAX提供元やプロバイダのマイページや、お客様問い合わせ窓口に電話することで確認が可能です。

WiMAX解約手順

WiMAXの解約方法は、光回線など固定回線に比べるとはるかにシンプルです。
電話やメール、もしくはwebでの手続き、郵送などプロバイダによって様々な解約方法があります。

電話やWeb上での手続きは自分のペースで進めることができ、間違いも少ないのですが、郵送での手続きは記入漏れがあった場合、郵送でのやり取りが重なるため、スピーディーに処理するのが難しくなってしまいます。
WiMAXを家電量販店で契約された方は、書類での解約となる場合が多いです。
しかし、解約用書類の取り寄せに時間がかかってしまったり、十分なカスタマーサポートを準備していなかったりと、時間がかかることが多いです。
解約が増える月末は、サポートセンターへの電話がつながりにくくなることも頻繁にあります。
WiMAX解約手順

WiMAX解約が適応されるタイミング

また、WiMAXの解約は、解約手続きを行った月末に適用されることが多いです。
例えば、月の上旬に解約手続きを行っても、その月の終わりまでWiMAXの契約が続きます。
一方でプロバイダによっては月の途中で、解約が適用されることもあります。
WiMAXの解約日を自分で調整できるプロバイダであれば、自分が固定回線など他のインターネット回線に切り替える際に、タイミングを合わせて無駄なく乗り換えができます。

例えば、WiMAXの本家”UQコミュニケーションズ”の契約では、解約手続きを行った翌日にWiMAXを解約することができます。その月の基本使用料は、解約日までの日割り計算での請求となります。

また、多くのプロバイダで「解約の手続きは当月20日までに」と〆切が設定されています。
なので、実際に解約金がかからない期間としては、毎月1日~20日ごろだと認識しておくと良いでしょう。
早めに行動して余裕をもって解約の準備を行いましょう。

解約金を無料、もしくは安くする3つの方法

WiMAXの解約金について紹介してきました。できるだけ、余分な出費はなるべく減らしたいところですね。
契約中のWiMAXの解約する際に、可能な限り負担を減らす方法をご紹介します。

1.自分の更新月に解約する
一番の正攻法です。特に今の契約に不満が無くとも、WiMAX端末を新しくしたい方や、速度改善のために他のWiMAXプロバイダも試したい方は、更新月に解約して解約金を無料にしましょう。
更新月といっても先に説明したように、実際には20日や25日までに解約の申し込みが必要なプロバイダもあります。事前に確認のうえで、スムーズに解約手続きが進むように準備しておきましょう。

2.キャッシュバックを利用して解約金を相殺
場合によっては解約金無料どころか、キャッシュバック分がプラスになることもあります。
例えば、キャッシュバックが多い”GMOとくとくBB”のキャッシュバックは約3万円です。仮に更新月以外に解約しても、解約金が1万円であれば十分カバーできます。
注意していただきたいのが、キャッシュバック対象になる条件を満たせるように、新しいWiMAXの契約内容を確認してください。キャッシュバックの条件は契約するプロバイダによって様々ですが、期限内に手続き、一定期間の利用などが条件になる場合が多いです。

3.乗り換え先の解約金負担キャンペーンを活用する
近年人気が高まっているのが、「他社の解約金負担キャンペーン」です。WiMAXから他の回線へ乗り換える際、乗り換え先のプロバイダにて「前回線の解約金を負担してくれる」というキャンペーンが増えています。期間限定で実施されることがほとんどですが、プロバイダや販売代理店ごとに独自でキャンペーンを実施していることもあります。探せば見つかる、とも言えるでしょう。
ただし、条件もあります。乗り換えてから約半年~1年継続し、解約金の領収書の準備・今の契約の確認が取れてから、ゆうちょ銀行の普通為替証書などで解約金分が送られてきます。
乗り換え先の解約金負担キャンペーンを活用する

WiMAXが利用できなかった場合の解約金は?

固定回線と違って、電波を利用しているWiMAXは、地域や建物によって通信状況が大きく左右されます。
「もしWiMAXが使えなかった場合でも、解約金がかかるか心配」という方も多いでしょう。

WiMAXの利用可否が心配な方におすすめなのが、WiMAXの本家 ”UQ WiMAX”で人気のサービス「Try WiMAX」です。
Try WiMAXは2週間、実際の機器をレンタルして使用することができるサービスです。
実際に自分が使用する環境・場所でWiMAXを試すことができるので、契約後に「思ったものと違った」という失敗を減らすことができます。
もちろんTry WiMAXの契約期間中は解約金は発生しません。

WiMAXは賢く契約し、解約する準備をしましょう。

WiMAXは固定回線のような工事は不要で、出先でも利用できるため近年人気が高まっており、様々なプロバイダからサービスが展開されています。
月額費用が高いがサポートが充実しているものや、月額費用は安いが自分で管理が必要なものなど、サービスの形態は様々です。
更新月をシンプルに管理するために、スマホの更新月や賃貸の契約タイミングと合わせるもの良いでしょう。
自分に合ったサービス内容はもちろん、費用面でWiMAXをお得に活用するためにも、自身が契約しているWiMAXの解約金についてはよく調べて契約しましょう。

※記事内の解約金・キャッシュバック等の情報は2018年6月26日弊社調べのものです。
サービスの料金、キャッシュバック等の情報は必ず各社公式サイトでご確認ください。