WiMAXの速度を知ろう!遅くなった時の原因と改善方法も!

WiMAXの速度を知ろう!

WiMAXの通信サービスを利用していて、通信速度が遅いと感じる方もいるのではないでしょうか?通信速度が遅くなるのは、理由が明確な場合が多いです。
今回は、WiMAXの通信速度が遅くなる原因と改善方法を紹介していきます。

WiMAXの通信速度は遅い?

現在WiMAXの下り通信速度は最大758Mbpsで、高速通信が可能になっています。しかし、理論上の最高速度であって、実際に758Mbpsの速度が出ることはありません。ベストエフォートと呼ばれるもので「モバイル通信の環境が整っていれば最大速度が出ます」という意味です。
インターネットを利用する時間・場所・端末によって通信速度が変わるので、通信速度は実際に試してみなければわかりません。

下り速度の体感値

目安としては速度が5Mbps以上でてればストレスなくネットを楽しむことができます。

速度 体感
1Mbps以下 写真が多いサイトを開くのに時間がかかる。Youtubeは頻繁に止まる。
1~2Mbps 通常のサイトは問題なく閲覧可能。

Youtubeなどの動画は途中で止まったり、立ち上がりに時間がかかったりする。

2~5Mbps ある程度重いサイトも時間をかけず見ることができる。Youtubeくらいの動画はストレスなく見れる。
5Mbps以上 ネット閲覧は5~50Mbpsあれば体感速度に差を感じることはない。

Youtubeの高画質動画もストレスなく見れる。

30Mbps以上 複数台の機器を繋いでも問題が無い。

オンラインゲームもストレスなくできる。

専用のアプリなどで速度を測定してみましょう。

・speedtest【iPhone版】
・speedtest【Android版】
・スピードテスト
 

通信速度が遅いときの原因と改善方法

WiMAXの通信速度が遅くなるのは原因があります。
原因をひとつずつ明確にして正しく対処すれば、解決できる場合が多いです。通信速度が遅いと感じたときは、下記の項目を確認してみてください。

  • ・速度制限がかかっていないか?
  • ・WiMAXの置き場所は適しているか?
  • ワイモバイル

原因と改善方法

速度制限がかかっていないか?

WiMAXは「ギガ放題プラン」であっても、「3日間で合計通信量が10GB以上」になると通信制限がかかり、通信速度が遅くなるので注意が必要です。速度制限後は、翌日の18時から約8時間、1Mbps程度の低速通信になります。

10GB以上のデータ通信をわかりやすくYoutubeに置き換えると、約13時間は高画質設定で見られる通信量になります。
速度制限がかかってしまった場合は、解除されるまで待つしかありません。

また、「通常プラン」では「データ通信量が1ヵ月間で7GB以上」になると、月末まで128kbpsに制限されます。128kbpsに制限されるとテキストメールくらいしか出来なくなりますので、かなり不便になるでしょう。「通常プラン」を選ぶ方は速度制限がかからないよう注意が必要です。

WiMAXの置き場所は適しているか?

電波の届きにくい場所でWiMAXを利用すると、通信速度が遅くなる原因のひとつになります。WiMAXの電波は直進に進む性質をもつので、近くの壁や建物が電波の障害物になってしまい、通信速度が遅くなります。

また、他のWi-Fi機器や電子レンジはWiMAXと周波数が近いので、各種電波の干渉を受けると、通信速度が遅くなることがあります。

まずは、近くに障害物がないかを確認し、WiMAXを窓際で利用しましょう。置く場所を少し変えるだけで速度が変わることがありますので試してみてください。
 

WiMAX端末の最高速度を比較

「端末によって通信速度に差は出ないのでは?」と思う方もいるようですが、実は、端末によって通信速度に大きな差があります。

機種名 下り最大通信速度 上り最大通信速度
W05 758Mbps 112.5Mbps
W04 758Mbps 37.5Mbps
WX04 440Mbps 75Mbps
WX03 440Mbps 30Mbps
W03 370Mbps 25Mbps

比較してみると、下り通信速度も上り通信速度も、W05の最高速度が一番速いとわかります。

一般的には、webページ閲覧や動画を利用するための「下りの通信速度」が重要とされていますが、動画のアップロードや写真の共有をよくする方にとっては、上りの通信速度も大切です。購入を考えている人は、デザインなどのこだわりがない限り、最新機種のW05をおすすめします。
WiMAXの契約期間は2年間です。端末選びに失敗し解約しようと思っても、2年以内だと違約金が発生してしまいますので、端末選びも大切なポイントになります。
WiMAX端末の最高速度

WiMAXと光回線の通信速度を比較

通信サービスを利用するためには、大きく分けて2つの方法があります。光回線等の固定回線とWiMAXなどのモバイル回線です。最近では、固定回線の代わりにモバイル回線を利用する方も増えてきています。
Wimaxの最新機種「W05」とネットやテレビでよく見かける光回線の速度を比較してみました。

回線種別 提供会社 下り最大通信速度 上り最大通信速度
W05(WiMAX) UQ WiMAX 758Mbps 112.5Mbps
NURO光 So-net 2Gbps 1Gbps
auひかり KDDI 10Gbps 10Gbps
ソフトバンク光 ソフトバンク 1Gbps 1Gbps
フレッツ光 NTT 1Gbps 1Gbps

世界最速で知られるNURO光では、下り最大速度2Gbps、上り最大速度1Gbpsの超高速光通信が使用できます。WiMAXの通信速度758Mbpsと比べると、圧倒的に光回線の方が速いです。光回線は、速度が遅くなることも制限がかかることもないので、データ通信量を気にせず高画質の動画の視聴やオンラインゲームなども楽しめます。

また、電波を拾い通信を行うWiMAXと違い、光回線は回線ケーブルを使用するので、データ量が大きい通信も安定して使用できるというメリットがあります。

WiMAXなら外でもネットを楽しめる

WiMAXなら外でも楽しめるむ
WiMAXと光回線は、ともに数年前の通信速度と比べるとスピードアップしています。単純に速度のみを比べれば光回線が速いですが、WiMAXは持ち運びが可能なルーターなので外出先でも利用できます。
 

WiMAXは速度制限がゆるく快適に利用できる

最高通信速度は、快適にネットを使えるかを示す大切な指標の1つですが、参考程度にしましょう。重要なのは、実際の速度に着目することです。
WiMAXは、実際速度でもストレスなくネットを利用できるほどの速さが出るようになっています。しかし、通信速度が遅いと感じた場合は、今回紹介した改善方法を試してみてください。