繫がらないエリアはあるの?WiMAXが使える範囲とは

エリア

WiMAXが使える範囲とは

WiMAXは電波のエリア内でのみ利用が可能です。
エリア外だった場合は自宅でWiMAX回線を利用する事が出来なくなります。
WiMAXは契約前にエリア範囲を確認しておくことが大切です。

今回の記事ではWiMAXのエリア確認方法を解説します。

WiMAXのエリアの確認方法を紹介

WiMAXの回線は「UQコミュニケーションズ(以下、UQ)」という企業が運営しています。
UQはauの子会社であり、業務提携関係にある企業でもあります。
WiMAXのエリアの確認は回線の運営元であるUQの公式ホームページに公開しています。
UQは、WiMAXのエリアは既に全国全域をカバーしており、人口カバー率は99%、と公式アナウンスしています。

つまり日本に住む99%の人はWiMAXのエリア内に住んでおり、利用可能ということです。

UQの公式HPで確認出来る「サービスエリアマップ」

UQの公式ホームページには「サービスエリアマップ」というページがあります。

WiMAXのエリア確認はこの「サービスエリアマップ」で確認可能です。
「サービスエリアマップ」のページを開くと日本地図が表示され、そこから調べたいエリアをクリックし、地域を絞り込んでいくことでエリアの確認が出来ます。

ちなみにWiMAXは現在、旧回線の「WiMAX回線」と最新の回線の「WiMAX2+」があります。
古い「WiMAX回線」は現在、新規契約の受付が終了しており、古いユーザーのみが使っている状態です。
これから新規契約すると必然的に「WiMAX2+」での回線契約となります。
「サービスエリアマップ」は「WiMAX回線」「WiMAX2+」のどちらも調べることが可能なので、調べる回線を間違えないように気をつけましょう。

ピンポイントエリア判定も活用しよう

UQの公式にある「サービスエリアマップ」の機能に、「ピンポイントエリア判定」があります。
「ピンポイントエリア判定」は住所を入力することで入力した住所のエリア状況をピンポイントで確認することができます。

例えば自分の住所がエリア内かどうかを知りたいときは「ピンポイントエリア判定」を利用すると便利です。

「ピンポイントエリア判定」は住所を、市町村から番地まで入力する必要があります。
入力すると、入力した場所の電波状況が◯、△、✕の3種類で判定されます。
◯の場合は電波良好、△はやや電波が弱いけど利用可能、✕はエリア外です。

Try WiMAXを利用する

UQがプロバイダを提供する「UQ WiMAX」は15日間、無料で利用できる「Try WiMAX」のサービスを実施しています。
文字通りで、15日間、お試し期間として無料でWiMAXが利用できるというサービスです。
利用できるサービスは本契約の内容と同じため、まずは「Try WiMAX」で実際に自身の地域で実用に足るかどうかを試してみるのがおすすめです。

モバイル通信の中でも通信速度はWiMAXが一番

WiMAXの速度は利用する端末機器に依存し、多くの端末の最大速度は440Mbpsです。
しかし、WiMAXの最大速度は2018年の初頭にリリースされた最新の端末機器で、最大708Mbpsの速度が出るようになりました。

通信速度708Mbpsはワイモバイルやスマモバ、などのモバイル通信の中では最速です。
しかし、現在でも多くのWiMAX端末機器は最大が440Mbps、ということは覚えておきましょう。

駅の構内や電車内でもWiMAXのエリア内であれば基本的に使えます。
UQの公式ホームページに「ここで使える!交通機関」というページがあり、全国の駅や空港、走行中の新幹線内で、特に快適に利用できる場所が紹介されています。

WiMAXのエリア拡大予定地域を紹介

UQの公式サイトに掲載されている「サービスエリアマップ」には今後のエリアの拡大情報も記載されています。

拡大予定エリアの情報は特設ページの「速報!エリア拡充情報!」のページに詳しく掲載されています。
「速報!エリア拡充情報!」のトップページには最新情報が順次掲載されています。
都道府県別に絞り、エリアの拡大情報を確認することも出来るので、自身の都道府県のエリア拡大情報をピンポイントで確認することも可能です。

UQのHPでエリア拡大に関する要望も受け付けています

「サービスエリアマップ」を利用して自身の地域を調べてみて、圏外だったり、電波状況が良くなかったりした場合はUQに直接要望を出すことも出来ます。

UQの公式サイトのサービスエリアマップ」のページから「エリア拡大」に関する要望を受け付けるフォームがあります。

要望を出せば確実に対応してもらえるわけではありませんが、、UQ側も要望が多い地域から重点的にエリア拡大に着手すると思われるため、自身の地域が圏外の場合は是非とも要望を出しておきましょう。

WiMAXがエリア外だった場合の対処方法を紹介

WiMAXは人口カバー率99%を誇り、日本で最も広いエリアを保有するモバイル通信回線です。

しかし、WiMAXのカバー率は100%では無いため、人口密度の低い一部の地域はまだエリア外の地域も存在します。
もしもWiMAXがエリア外だった場合は他のモバイル回線か光回線の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

突然圏外になってしまった時の対処法

自宅はWiMAXのエリア内なのだけど、突然圏外になってしまうことはよくあります。

WiMAXの電波は基地局からモバイルルーターまで一直線に電波が飛ぶのですが、基地局とルーターの間に鉄筋の建物などがあると電波が遮られ、電波障害を起こす場合があります。
電波障害といっても完全に電波が届かなくなることは少なく、電波が弱くなってしまうというパターンがほとんどです。
電波障害で電波が弱い時の一番の対処法はモバイルルーターの位置を移動させることです。

自宅内でも電波の良い場所と悪い場所があるはずなので、自宅で最も電波の良い場所を見つけるのが電波状況をよくするコツです。建物内で使うときは、全般に該当する要素です。。

自作のパラボラアンテナで通信速度がアップ!

パラポラアンテナのようなお椀型のアンテナはアンテナの中心に電波を集中させる効果があります。
集中させる効果を利用して、手作りのパラボラアンテナでWiMAXの電波を効率よくキャッチすることが出来ます。

アンテナの作り方はとても簡単です。内部が放物線上の金属がアンテナに適しています。身の回りのありふれた物で適しているのはアルミ製のボウルです。
後はアルミ製のボウルとルーターを固定できる台座があれば準備OKです。
ボウルを垂直に立てて置ける台座にセットし、ルーターもボウルの放物線の中心にルーターが位置するように台座でセットすれば手作りアンテナの完成です。

ルーターをこのようなお椀型のアンテナの中央に置くだけでルーターにWiMAXの電波を集中させることが出来るため、通常よりも通信速度を上げることが出来ます。
アルミのボウルも台座も100円ショップで手に入るので、試してみる価値はありそうですね。

混雑で速度が出ないときは「ハイスピードエリアプラスモード」

WiMAXの電波状況が悪くなるのは上記のような場所の問題の他に、混雑による速度の低下があります。

WiMAXはユーザー同士で電波を共有しているため、一度に使う人が増えると回線が混雑し、速度が落ちます。
インターネット通信全般に言えることです。

特に夕方から日付変更までの時間帯は利用者数が増えるため、混雑により通信速度が落ちる傾向にあります。

通信速度が落ちたらWiMAXのオプションで使える「ハイスピードエリアプラスモード」を利用するのがおすすめです。

「ハイスピードエリアプラスモード」は月額1,005円で利用できるオプションで、モバイルルーターを操作して「ハイスピードエリアプラスモード」に切り替えると一時的にauの「4G LTE回線」を使ったインターネット通信が出来るようになります。
「ハイスピードエリアプラスモード」のほうが従来の「WiMAX2+」よりも通信速度は速くなります。

WiMAXのエリアが圏外でも「ハイスピードエリアプラスモード」はエリア内の場合もあります。

まとめ

WiMAXのエリア確認は回線の運営元であるUQコミュニケーションズの公式サイトの「サービスエリアマップ」というページにかなり詳しく掲載されています。

15日間、無料でWiMAXが利用できる「Try WiMAX」というサービスもあるため、これらを事前に活用すればWiMAXを契約してから実は圏外だった!という事も減ると思います。