BroadWiMAXの解約方法や解約金は?お得な乗り換え方も紹介!

BroadWiMAX乗り換え

BroadWiMAX乗り換え
BroadWiMAXの解約を行う際には電話での手続きが必要です。
解約を行うタイミングによっては違約金がかかるため、解約を行う時期も考える必要があります。今回は、BroadWiMAXの解約方法や解約金、乗り換えタイミングについて解説します。

BroadWiMAXを解約する際の手順

BroadWiMAXを解約する際の手順

BroadWiMAXを解約する場合、電話のみでの受付となっているため注意してください。

『Broadサポートセンター 解約専用ダイヤル』:0120-651-315

上記の番号から、担当オペレーターに解約希望を伝えた後、本人確認が完了すると解約処理が行われます。
毎月25日までに解約の電話をした人は当月中に解約が完了します。しかし、26日以降に解約の電話をした場合、当月内に解約処理を行うことができないため、翌月以降に再度電話を掛け直す事になります。

電話対応の受付時間も曜日によって異なるため、解約する際は月初めなど余裕を持ってサポートへ問い合わせましょう。

BroadWiMAXを解約する時の注意点

BroadWiMAXを解約する前に、解約時の注意点も知っておきましょう。解約する際に注意するポイントは4つあります。
するポイントは4つあります。

BroadWIMAXを解約した場合の返却物

レンタルをしているWi-Fiモバイルルーターは解約時に指定された住所に着払いで返却しなければいけません。
詳しい返却方法は解約手続きの際の電話で説明を受けます。

解約月によっては契約解除料が発生する

BroadWiMAXの契約期間において、解約手続きを行う時期によって契約解除料が発生します。

プラン契約期間 0~12ヶ月目 13~24ヶ月目 25~36ヶ月目 37ヶ月目※更新月 38ヶ月目以降
契約解除料 19,000円 14,000円 9,500円 0円 9,500円

上記の金額と合わせ、「契約事務手数料3,000円(税別)」が発生します。
申し込むプランによって、最大でかかる費用は異なりますが、1年目~2年目に解約するのと、3年目以降に解約するのとでは、5,000~10,000円の違約金額の差がある事がわかります。
契約月から最低2年間は、解約せずに使っておきたいですね。

解約後は契約時のキャンペーンや特典が受けられなくなる

BroadWIMAXと一緒に契約した特典やキャンペーンがある場合、解約後は特典やキャンペーンが適用されなくなり、キャンペーン違約金が発生する場合があります。
オプション契約なども含めて、一括で入会を行っていた方は契約内容を見直しましょう。

オプションサービスが利用できない

BroadWiMAXを解約した時点から、「安心サポートプラス」や「My Broadサポート」など各種オプションサービスが利用出来なくなります。
オプションサービスが利用できなくなることから、『Broadメール』のサービスを利用されていた方は、解約時点より設定していたメールアドレスも使用できなくなります。
「メールアドレス」のみの契約はできないため、注意してください。

合わせて『KINGSOFT® Internet Security 2017』のオプションサービスを利用している方も、解約時点で利用できなくなります。
メールアドレスと同様、「セキュリティサービス」のみの契約はできないため注意してください。

何気なく利用しているキャンペーンやオプションが使用できなくなるなど、BroadWiMAXを解約する前に確認しておきたいポイントがたくさんあるため、契約解除した後の事も考えてから解約手続きを進めていきましょう。
BroadWiMAXを解約する時の注意点

BroadWiMAXの違約金を払わずに済むには

BroadWiMAXを解約するタイミングを間違えると、多額の違約金を請求されることになります。スムーズに解約手続きを完了させるためには、更新月に解約の電話連絡をするのが一番ですが、3年間の中で一ヶ月しかその更新月が無い為解約タイミングが難しいかもしれません。

解約時期を気にする事無く、さらに違約金もできるだけ掛けないように避ける方法があります。

『ご満足保証』を活用して解約違約金0円で乗り換え

ご満足保証
BroadWiMAXを契約している中で、「通信速度が物足りないから、固定回線に乗り換えたくなった」「電波が届きにくい」といった気持ちを持つかもしれません。契約に不満が出てきた場合は、違約金無しで乗り換えることができる「ご満足保証」という公式サービスがあります。

他社違約金負担キャンペーンを利用する

インターネット回線事業者によっては、他社回線からの「乗り換えキャンペーン」として、違約金を負担してくれる場合があります。
BroadWiMAXからの違約金は発生してしまいますが、乗り換えキャンペーンを適用をすることで、実質的にBroadWiMAXへの解約金に充てられます。契約更新月まで待つことができず、1ヶ月でも早く解約を進めたい方は、他社回線のキャンペーン内容を調べてみましょう。
違約金が発生した場合、月額料金も合わせて考えると、まとまった金額が必要になるかもしれません。1円でも安く解約できるよう、他社の情報も細めにチェックしていきましょう。WiMAXのお得なキャンペーンやキャッシュバックについてまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

BroadWiMAXを解約するなら更新月がおすすめ

違約金を支払わずに解約を行うなら、更新月に解約し、キャッシュバックがあるプロバイダへの乗り換えをおすすめします。
ルーターを紛失すると、サービスが使えないのに解約時に違約金がかかることがありますので、ご注意ください。