条件別にまとめたWiMAXプロバイダのランキング

BroadWiMAXの評判・口コミを紹介

WiMAXプロバイダのランキング

WiMAXを利用したいけど、どのプロバイダと契約したらよいかわからない。
料金が安くて、インターネットを快適に使えるプロバイダと契約したい。
そのようなときは、利用料金などをランキング形式で比較して、一番お得になるプランを見つけましょう。

プロバイダの料金ランキング

WiMAXを取り扱っているプロバイダは、現在20社以上もあり、どれを選んだらよいか迷ってしまうのも当然です。

さらに、WiMAXの通信回線は、すべてUQコミュニケーションズが提供しています。WiMAXの通信回線が1社であるため、どのプロバイダを選んだとしても、通信速度、容量、エリアなどは変わりません。

通信速度、容量、エリアなどが変わらないならば、利用料金が安いプロバイダを選んだ方が、断然お得!
以下は、人気のプロバイダの利用料金を、安い順に比較した表です。

プロバイダ 最新キャンペーン内容 支払総額(税抜)

<キャンペーン適用>

料金(税抜)

※1カ月あたり

GMOとくとくBB

(契約期間:2年)

端末代金0円

月額料金値引き(最大24カ月)

キャッシュバック(31,500円)

101,004円

<69,504円>

4,208円

<2,896円>

so-net

(契約期間:3年)

端末代金0円 ※端末指定

月額料金値引き(最大36カ月)

キャッシュバック(40,700円)

150,444円

<109,744円>

4,179円

<3,048円>

Broad WiMAX

(契約期間:3年)

初期費用0円(WEB割)

端末代金0円

月額料金値引き(最大3カ月)

146,198円

<128,798円>

4,061円

<3,577円>

BIGLOBE

(契約期間:3年)

月額料金値引き(最大36カ月)

キャッシュバック(20,000円)

156,310円

<136,310円>

4,341円

<3,786円>

UQ WiMAX

(契約期間:3年)

月額料金値引き(最大3カ月)

商品券10,000円分プレゼント

160,480円

<148,428円>

4,457円

<4,123円>

※税抜き価格

比較条件
「ギガ放題」プランを利用
「Speed Wi-Fi NEXT W05(最新機種)」を利用
2018年3月時点で実施中のキャンペーン特典を適用
利用料の支払総額に、契約初月利用料、事務手数料、オプション料を含めない

支払総額が圧倒的に少ないのは「GMOとくとくBB」ですが、GMOとくとくBBの金額が少ないのは契約期間の違いによるものです。

そこで各社を比較する際の目安となるのは、支払総額を契約期間の合計月数(24カ月または36カ月)で割った、月平均料金です。

表を見ると、キャンペーン特典を含まない場合、1カ月あたりの支払料金が最も安いのは「Broad WiMAX」です。しかし、キャッシュバックなどのキャンペーンが適用された場合、「GMOとくとくBB」が最も安い料金になります。

キャッシュバックの有無で、1カ月あたりの支払金額が変わってくるのはもちろんですが、月額料金の値引き幅が多い場合もかなりお得になります。

WiMAXをお得に利用するのであれば、キャンペーン活用して、1カ月当たりの料金が最も安くなるプロバイダを選ぶとよいでしょう。

WiMAXにおすすめのプロバイダは?

WiMAXをお得に利用するには、各プロバイダのキャンペーン特典の内容に加えて、サービスの内容についても確認しておきましょう。

特典を受け取る手続きが簡単な「Broad WiMAX」

GMOとくとくBB、so-netに次いで料金の安さが魅力の「Broad WiMAX」です。

ギガ放題プランでは、月々の利用料が最大3カ月2,726円、以降は3,411円といったようなお得な料金体系となっています。

Broad WiMAXのキャンペーンでは、一定の条件を満たすと初期費用18,857円が無料になり、さらにお得に利用できます。

こうしたキャッシュバックを受ける場合、他社では別途申請の手続きが必要になる場合がありますが、Broad WiMAXでは特別な手続きは必要ありません。

他のプロバイダの場合、キャッシュバック申請手続きをしないと、特典を受けられず、損してしまうことも。

キャッシュバック特典のあるキャンペーンにおいて、Broad WiMAXでは、申請をし忘れて、特典を受けられないといった心配がいらないため、おすすめです。

安心して利用できる「UQ WiMAX」

WiMAXの通信回線を提供している「UQコミュニケーションズ」が運営しているプロバイダが、「UQ WiMAX」です。

WiMAXのプロバイダ=回線提供会社であるため、ネット回線がつながらない、通信速度が遅いなどといったトラブルの際、迅速に対応してもらえるという大きなメリットがあります。

また、WiMAX専用のUQお客さまセンターが年中無休で利用者をサポート。

UQお客さまセンターの受付時間は9:00~21:00で、フリーダイヤルで利用することができ、サポート体制のよさで選ぶのであれば、UQ WiMAXのがおすすめです。

さらに、UQ WiMAXのギガ放題プランでは、auの携帯・スマートフォンユーザーの場合、auの料金が毎月最大で1,000円(※ただし、一定の条件あり)割引になるサービスも。

携帯・スマートフォンなどの利用料と併せたトータルコストが、他のプロバイダを利用したときと比べて安くなる場合もあるので、契約前に1カ月あたりの料金を比較するとよいでしょう。

通信速度で比較!おすすめWiMAXルーターのランキング

WiMAXの利用にはルーターが必要ですが、どの機種を選んだらよいかわかならいという人も多いのではないでしょうか。

ルーターの通信速度や通信時間、対応している回線などは、機種によって異なります。ここでは、WiMAX2+回線に対応している各機種を、おすすめ順に紹介します。

ルーター

(メーカー名)

本体カラー 通信速度

(下り)

通信速度

(上り)

発売日
Speed Wi-Fi NEXT W05

(ファーウェイ・ジャパン)

ブラック×ライム

ホワイト×シルバー

最大708Mbps 最大75Mbps 2018年1月19日
Speed Wi-Fi NEXT WX04

(NECプラットフォームズ)

アクアブルー 最大440Mbps 最大50Mbps 2017年11月1日
Speed Wi-Fi HOME L01

(ファーウェイ・ジャパン)

ホワイト 最大440Mbps 最大30Mbps 2017年2月17日

税抜き価格

通信速度で選ぶのであれば、「Speed Wi-Fi NEXT W05」などがおすすめです。WiMAXルーターの中では最新機種で、ハイスピードモード時の連続通信時間はノーマルモードで約540分と、バッテリーも長持ちします。

また、日本製のルーターを利用したいのであれば、「Speed Wi-Fi NEXT WX04」を選びましょう。本体カラーはアクアブルー、クリアホワイトの2色から選べますが、個性が光るアクアブルーをおすすめします。

WiMAXルーターの代金は、月々の利用料に含まれる、キャンペーン特典で購入費用がかからない、指定端末を選ぶとキャッシュバックがあるなど、プロバイダによって異なります。

ルーターを選ぶ際は、スペックを比較するだけでなく、購入費用の有無、キャンペーン内容などもチェックするようにしましょう。

ルーターの比較について詳しく知りたい方は「WiMAX端末とプロバイダの失敗しない選び方を紹介」

おすすめのWiMAXルーター

WiMAXルーターには、さまざまな機種がラインナップしています。超高速モバイル通信を利用したいのであれば、「WiMAX 2+」回線に対応した機種を選びましょう。

WiMAX 2+対応機種では、ファーウェイ・ジャパン製のSpeed Wi-Fi NEXT W04(下り最大708Mbps/上り最大37.5Mbps、2017年2月17日発売)などもおすすめです。

まとめ

WiMAXのプロバイダやルーターをランキング形式で見ることで、それぞれを比較しやすくなったのではないでしょうか。契約を迷っていた人は、ぜひ参考にしてみてください。

高額キャッシュバックキャンペーンが必ずしもお得になるとは限りません。総合的に見て、1番お得だと思えるプランを選びましょう。