結局WiMAX契約で料金・価格が一番安いのはどこなの?

買い物

結局WiMAX契約で料金・価格が一番安いのは

家の中ではもちろん外出先でも動画やゲームを楽しむなど、インターネット生活に活用したいWiMAXですが、WiMAXのサービスを提供しているプロバイダは多く、お得なのはどこなのか迷ってしまいますね。そこで、料金プランやキャンペーンについてまとめました。

WiMAXの料金プランについて

WiMAXの料金プランには月間通信量が設定されている基本プランと、上限なしのプランがあります。

月間通信量で分けられる料金プラン
UQ WiMAXの料金プランには、2種類のプランがあります。

  • UQ Flatツープラス
  • UQ Flatツープラス ギガ放題

基本プランの「UQ Flatツープラス」には2年・3年・4年契約プランがあり、月間通信量が7GBまでと設定されています。

一方、「UQ Flatツープラス ギガ放題」は、2年と3年契約のプランがあり、データ通信量に上限設定がなく通信量を気にせず利用できるプランになっています。

「UQ Flatツープラス」の月額料金は3,696円で、「UQ Flatツープラス ギガ放題」は最大3ヶ月まで3,696円、4か月以降は4,380円です。

プラン名 UQ Flatツープラス ギガ放題 UQ Flatツープラス
契約年数 2年 3年 2年 3年 4年
月額料金 1か月~3か月

3,696円

4か月~

4,380円※1

1か月~3か月

3,696円

4か月~

4,380円

3,696円

LTEオプション料 1,005円/月 0円 1,005円/月 0円
月間通信量 上限なし 7GB

(全て税抜き価格)
※1 新規契約の場合

LTEオプション料などの別途料金

「ハイスピードプラスエリアモード」を設定した月のみ別途LTEオプション料1,005円が必要ですが、「UQ Flatツープラス」、「UQ Flatツープラス ギガ放題」ともに、3年以上の契約プランで無料となり、お得に利用できます。

また、速度制限を超えると通常の速度に戻すには追加料金がかかるポケットWi-Fiもありますが、WiMAXは、月間7GBと速度制限があるプランでも追加料金は不要です。

auユーザーならお得に契約出来る

auのスマホやケータイを利用しているauユーザーなら、「auスマートバリュー mine」加入で、毎月の利用料から最大1,000円が割引となります。

プロバイダから契約できるWiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)が提供するサービスで、UQ WiMAXで契約すると、別途プロバイダの契約は必要ありません。

ただし、プロバイダからWiMAXを契約するとお得になる場合があります。

WiMAXのサービスを提供する会社は20社以上ありますが、月額料金の設定はそれぞれ異なり、キャンペーンなど独自のサービスを展開しています。そのため、お得に契約できる可能性があるのです。

WiMAXの機器は同じものなので、どのプロバイダも機器のスペックは同じです。

違いのある月額料金やキャンペーンを比較検討してプロバイダを選ぶと、お得に契約できる可能性が高くなりますね。

「ギガ放題」プランを中心に、プロバイダを比較してみましょう。

プロバイダ比較(全て税抜き価格)

UQ WiMAX Broad WiMAX au So-net docomo
プラン名 UQ Flatツープラス ギガ放題 ギガ放題

プラン

WiMAX 2+ フラット for DATA EX Flat ツープラス ギガ放題 ウルトラデータLパック

(ひとり向け)

契約期間 3年 3年 2年 3年 2年
通信量制限 上限なし 上限なし 上限なし

※ハイスピードプラスエリアモード利用月のみ7GB

上限なし 20GB
基本料金 4,880円 4,011円 5,880円 4,679円 7,200円
割引後の月額料金 ~3ヶ月

3,696円

4ヶ月~

4,380円

~3ヶ月

2,726円

4ヶ月~24ヶ月

3,411円

最大25ヶ月間4,380円~ 4,179円 7,200円
LTEオプション料 3年プランのみ0円 0円 ハイスピードプラスエリアモード利用月のみ1,005円/月 3年プランのみ0円
コース料金 モバイルコース料金200円/月 mopera U シンプルプラン

200円/月

月額料金合計 ~3ヶ月

3,696円

4ヶ月~

4,380円

~3ヶ月

2,726円

4ヶ月~

3,411円

4,380円

/5,385円

4,379円 7,400円
機器代金 2,800円 0円 0円 0円 0円
解約金 最大19,000円 最大19,000円 9,500円 最大19,000円 9,500円
特典

キャンペーン

auスマホ等の利用料金が最大1,000円/月割引 ずっとドコモ割で100円~800円/月割引
au 4G LTE通信が永年無料 ・Web割キャンペーンで初期費用18,857円が無料

・乗換えキャンペーンで違約金負担

「WiMAX 2+ おトク割」で

最大25ヶ月間

500円/月割引

3年契約のみ47,000円

キャッシュバック

月額料金が安いプロバイダは?

それぞれのプロバイダで月額料金は異なります。月額料金が安いのは、最大3ヶ月まで2,726円、4ヶ月以降3,411円と設定しているBroad WiMAXです。

UQ WiMAXとauは4,380円と同じ利用料ですが、UQ WiMAXのほうが3ヶ月間3,696円の割引期間があります。

docomoは、上限なしのプランがないため通信量制限20GBの「ウルトラデータLパック」を選択しています。月額料金が高めですが、15年などの長期ユーザーであれば、「ずっとドコモ割」などの割引が可能です。

プロバイダのキャンペーン

So-netはキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、キャッシュバックされるのが、申込みから11ヶ月後の15日に案内メールが届いた後、つまり約1年後にやっと手にするという盲点があります。

乗換えキャンペーンを行っているのはBroad WiMAXです。乗換えの際に発生する違約金を上限19,000円まで負担するというもので、違約金が発生するので乗換えができないと躊躇している人には嬉しいキャンペーンになっています。

WiMAXの契約時にかかる費用

WiMAXを契約するとき、月々発生する利用料金やデータ端末機器の代金、プラン変更に伴う費用などについてご説明します。

データ端末機の料金

現在、圧倒的に高速なのはSpeed Wi-Fi NEXT W05で、下り最大708Mbps(LTE使用時)、上り最大75Mbpsと群を抜いています。

WiMAX2+やau 4G LTEなど、すべての機能に対応可能の優れもので、UQ WiMAXでの機器価格は2,800円(税抜き)です。

人気のSpeed Wi-Fi NEXT WX04も2,800円(税抜き)となっています。クレードルセットにすると代金は約1~5,500円です。

UQ WiMAXの機器が有料なのに対して、プロバイダから契約すると、ブロードWiMAXやSo-netのように機種代金が無料になる場合があります。ただし、機器本体は無料の場合でも、クレードルは別売りとなるので注意してください、

損のないよう、契約前に機種代金が発生するのかどうかを確認しましょう。

初期費用

初期費用として、どのプロバイダでも契約事務手数料3,000円がかかります。

他にも、初期費用として18,857円を設定してるプロバイダもありますが、ブロードWiMAXでは、この費用を全額無料とするキャンペーンを展開しています。

解除料が発生しないプラン変更と発生するプラン変更

「UQ Flatツープラス」と「UQ Flatツープラス ギガ放題」間の料金プランの変更はいつでも申込み可能です。

申込んだ翌月からプランの変更が適用となります。プラン変更による契約解除料は9,500円ですが、解除料が発生しない変更と、発生する変更とがあります。

解除料が発生しないプラン変更

同じ契約期間のプラン変更では、契約開始からの契約期間は3年なら3年のまま引き継がれ、「おトク割」や「長期利用割引」などの特典も適用されます。

一方、契約期間が変更される場合は、契約開始からの契約期間はリセットされてしまいます。

UQ WiMAXやBroad WiMAXでは、契約してから最大3ヶ月間、月額料金が割引になります。

月額料金の割引期間中に「ギガ放題」を契約して、あまりデータ使用量が多くないと分かったら料金プランを変更するという方法もおすすめです。

  • 契約期間が同じプランへ変更
     例)「UQ Flatツープラス」3年プラン ⇒ 「UQ Flatツープラス ギガ放題」3年プラン
  • 契約期間が長くなるプランへ変更
     例)「UQ Flatツープラス」2年プラン ⇒ 「UQ Flatツープラス ギガ放題」3年プラン
  • 契約期間が短くなるプランへ変更
     例)「UQ Flatツープラス」4年プラン ⇒ 「UQ Flatツープラス ギガ放題」3年プラン

月々にかかる料金

各社、基本料金からのさまざまな割引を実施しており、割引後の月額料金は2,000円台から4,000円台に設定しています。

なかでも、Broad WiMAXは初期費用無料のキャンペーン中で、最大3ヶ月まで2,726円、4ヶ月以降3,411円と最も安い料金です。別途LTEオプション料もかかりません。

LTEオプション料が無料となるプロバイダが多い中で、auはオプション料1,005円が必要です。「2年契約 (誰でも割シングル)」と「WiMAX 2+ おトク割」の適用で月額4,380円となりますが、ハイスピードプラスエリアモード利用月は5,385円となります。

また、キャッシュバックキャンペーンを展開しているSo-netですが、月額料金の高さをキャッシュバックでカバーしているとも言えます。

キャッシュバックが実施されるのは約1年後なので、月々の料金を安く抑えるか、1年後にまとめて手にするかの選択になります。

ただし、キャッシュバックの特典を受ける時は、申請期間が限定されているのでタイミングを逃さないように気を付けてください。

WiMAXの学割

UQ WiMAXでは、残念ながら2018年の学割キャンペーンは行われていません。

他のプロバイダでも、スマホなどの学割キャンペーンを実施しているサイトは見かけますが、WiMAXの学割を明示しているサイトはほとんどありません。

まとめ

WiMAXの料金は各社違うということがお分かりいただけたと思います。月々の料金が安いプロバイダか、キャッシュバックで料金の差を埋めるか、どちらが得策か検討してみましょう。

キャンペーンの特典を受けるには、Webサイトからの申込み限定や支払い方法に関する条件がありますので、よく確認してから契約することをおすすめします。