周りに騙されるな!実際のポケットwifiの評判とは

wifの評判

wifの評判

ポケットWi-Fiを持っていれば、データ容量を気にせずどこでもネットを利用することができます。

実際にポケットWi-Fiは快適に利用することができるのでしょうか。評判を参考にしてポケットWi-Fiを紹介します。

ポケットWi-Fiのメリット・デメリット

手軽にWi-Fiを利用できることから人気があるポケットWi-Fiですが、どんな特徴があるのでしょうか。

初めにポケットWi-Fiのメリット、デメリットをそれぞれ確認していきたいと思います。

ポケットWi-Fiはなぜ人気があるのでしょうか。実際にポケットWi-Fiを利用している人の評判を参考にしながら、ポケットWi-Fiを使うメリットを紹介したいと思います。

持ち運びができる

他のポケットWi-Fiみたいにデータ容量を気にしなくていいので、作業はもちろんですが、飽きたときに「Hulu」など動画をダラダラ見られるのもテザリングにはない魅力だと感じています。

  • 正直、家の固定回線もあまり使わないのでそろそろ解約しようかなと思っているところです。
  • ポケットWi-Fiは軽くて持ち運びことができるということが人気の理由のひとつにあります。
  • ポケットにも収まるような大きさで、デザインもおしゃれなポケットWi-Fiがどんどん増えています。

光回線に比べると安い

光回線であれば、月額4,000円ほどの料金なので、使い放題のプランで契約したとしても、ポケットWi-Fiのほうが安く利用することができます。

また、ポケットWi-Fiも初期費用はかかりますが、キャンペーンで実質無料になる契約会社が多くあるので、お手頃な価格で使い始めることができて評判が良いです。

  • 最安値コースで利用していますので毎月3,500円程度で利用することができています。初期費用は18,000円ぐらい掛かるのですが、キャンペーンで無料でした。
  • インターネット料金は、固定費として毎月出て行くものなので、月額料金は少しでも安いに越したことはないと思います。月額料金が安くて助かります。

工事が不要で気軽にネット接続が可能

ポケットWi-Fiは手元に届いたらすぐに使い始めることができます。

固定回線であれば、回線の開通工事をしたりと時間もかかりますし、何より工事費として高額な料金を支払う必要があります。

すぐに使い始めることができることも、ポケットWi-Fiの評判が良いひとつの理由でもあります。

ポケットWi-Fiのデメリット

一方で、ポケットWi-Fiについてあまり良くない評判もありました。ここでは、評判を参考にしながらポケットWi-Fiのデメリットを確認します。契約する前にしっかりと確認して、失敗しないようにしましょう。

固定回線に比べると不安定

固定回線に比べると、どうしても通信が安定しないという評判がありました。
有線で接続をしている固定回線は、外部からのノイズを防ぐことができるので通信が安定しやすいです。

ポケットWi-Fiには通信制限がある

ポケットWi-Fiには、月々のデータ量が制限されているものや、通信量に制限がない使い放題のプランなどいろいろなプランがあります。

データの通信量が制限されているプランでは、月々の決められた通信量を超えて使用した場合は通信速度がとても遅くなってしまいます。なので、使い方に合わせてプランを選ぶ必要があります。

充電をしなければならない

ポケットWi-Fiは固定回線と違って電源にずっとつないだ状態ではないので、当然充電をする必要があります。

外出先で充電が切れてしまうと、再度充電するまで使えなくなってしまうので注意が必要です。

ポケットWi-Fiに対する不満の紹介

ポケットWi-Fiはどこでも利用することができてとても便利です。しかし、ユーザーの中にはポケットWi-Fiはあまり良くないという評判もありました。どんなところに不満を抱えているのでしょうか。

実際に利用した人の評判を参考に、いくつか説明したいと思います。

電波が安定しない

ポケットWi-Fiは建物の中や密閉された空間の中では、電波がつながりにくい場合があるようです。

ポケットWi-Fiの評判を多くの視点から紹介

ポケットWi-Fiは利用するエリアによっては、通信のしやすさが変わります。(ピンクのエリアが通信良好なエリア)

ポケットWi-Fiを販売するUQ WiMAXのホームページでは自身がWi-Fiを利用するエリアが、快適に通信を行うことができるか調べることができます。

ポケットWi-Fiを契約した後に、快適に通信できないということを防ぐためにも、事前に確認しておきましょう。

速度制限がかかる

ポケットWi-Fiは契約するプランにもよりますが、通信速度に制限がかかる場合があります。

最近人気がでているUQ WiMAXの通常プランでは、月々7GBを超える通信を行うと速度に制限がかかります。

速度に制限がかかってしまうと、月が変わるまでは128kbpsの速度しか出ないので、ネットを快適に利用できなくなってしまいます。

3日で10GBしか使えない

UQ WiMAXではデータ量が7GB制限されている通常プランの他に、月々どれだけでも通信を行うことができるギガ放題プランがあります。

ギガ放題プランでは月々のデータ使用量を制限されていませんが、「3日で10GB」という制限があります。

「3日で10GB」という制限は、連続する3日のデータ使用量が10GBを超えた場合に、翌日の18時から2時まで速度が1Mbpsに制限されるというものです。

3日で10GBは相当なデータ使用量なので、そうそう超えることはありません。
また、1Mbpsに制限されたとしてもSNSや動画を閲覧するには支障は出ない速度なので、さほど問題はありません。

  • Broad WiMAX本家WiMAXと中身は同じなので、3日10GB制限があります。
  • Broad WiMAXで一番気に入っている点はやはり使い放題である点です。毎月の通信費もかなり安いですし、スマホみたいにデータ通信制限がありませんので、とても助かっています。

4つのポケットWi-Fiのプロバイダを紹介

様々な種類があるポケットWi-Fiの中から4つを紹介したいと思います。
会社によって内容も少しずつ違うので、しっかりと確認しましょう。

UQ WiMAX

下り速度が最大708Mbpsで、高速通信が売りのポケットWi-Fiです。
WiMAXの製品は13時間継続して使用可能で、バッテリーが長持ちするもの売りのひとつです。
UQ WiMAXでは「UQ Flatプラス」「QU Flatプラス ギガ放題」のふたつのプランがあります。

メールやインターネットを見ることがほとんどという人は、「UQ Flatプラス」がおすすめです。

SNSや動画をたくさん見たいという人であれば、「UQ Flatプラス ギガ放題」がおすすめです。

また、契約後にもプランを変更することは可能なので、実際に使いながらプランを検討することも可能です。

auスマートバリューが適用できるau

auが販売しているポケットWi-FiはUQ WiMAXが販売するポケットWi-Fiと製品は同じです。
またプランも主に2つで、月々の通信量が7GBで3,696円、月々の通信量が無制限で4,380円の2つがあり、ライフスタイルに合わせることができるのでおすすめです。

ただ、auのスマートフォンなどを契約している人は、auスマートバリューmineという割引を受けることができます。

auスマートバリューmine

対象の定額サービスや料金プランに加入しているauの携帯電話を使っている人は、auでポケットWi-Fiを契約すると、auのスマートフォンの利用料金が毎月最大1,000円割引になります。

月額料金を抑えたいならSoftbank

Softbankが販売するポケットWi-Fiは下り速度が最大で612Mbpsです。

また、Softbankならではの大量のアンテナとビームフォーミングの技術を使うことで、一人一人に専用の電波を割り当てられ、人が多い駅や繁華街でも高速通信を行うことができます。

さらにSoftbankの製品を使っている人であれば、月額料金の割引を受けることができておすすめです。

SoftbankのポケットWi-Fiの契約プランはひとつだけで、通信量が7GB使用が可能なプランのみなので、メールやインターネットの利用が多い人におすすめです。

月額料金は3,991円なので、UQ WiMAX、auより少し高くなっています。

モバイルバッテリーが併用できるdocomo

docomoのポケットWi-Fiは下り速度が最大370Mbpsに対応しています。
なんといってもdocomoのモバイルバッテリーはバッテリーがとても優れています。
連続通信時間は18時間で、他社のポケットWi-Fiと比べても長時間の通信が可能なことがわかります。

そして、docomoのポケットWi-Fiはモバイルバッテリーとしても利用することができます。
スマートフォンを充電したいというときでも、ポケットWi-Fiとスマートフォンを繋ぐことで、スマートフォンを充電することが可能できるので、幅広い利用方法ができておすすめです。

docomoの契約プランですが、他社のような使い放題のプランはありません。
また、月間の通信量が5GBのプランでも、月額6,900円という高額な設定になっています。

月額料金が多少高くても、この製品を使いたいという人であればおすすめです。

ポケットWi-Fiの速度制限について紹介

さいごにポケットWi-Fiの速度制限について、今一度確認しておきたいと思います。 
ポケットWi-Fiには固定回線と違って速度制限というものがあります。

速度制限がかかってしまうと、動画はもちろん、インターネットでさえ快適に見ることができないということもあります。

では具体的に、どのような状況で速度制限がかかってしまうのか、またどれだけの期間制限されてしまうのか見ていきます。

ポケットWi-Fiが速度制限がかかる条件

通信量が7GBに制限されているプランであれば、通信量が7GBを超えた時点で速度が128kbpsに制限されます。

速度制限にかかった場合は、月が変わるまではずっと低速の状態になります。
なので、月のはじめに速度制限された場合は、しばらく低速で使い続けることになってしまいます。

通信量が無制限で使い放題のプランの場合は、どれだけ通信しても128kbpsに制限されないので、安心して通信することができます。

ただ、通信量が無制限のプランでも速度が「3日で10GB」の制限があります。

「3日で10GB」の制限とは、連続する3日のデータ使用量が10GBを超えたとき、翌日の18時から2時までの間は1Mbpsに速度が制限されるというものです。

「通信量が無制限でも速度制限かかるの?」って心配する人もいると思いますが大丈夫です。
動画を閲覧するときでも、標準画質の動画であれば、1Mbpsの通信速度で充分に閲覧することが可能なのです。

しかも10GBのデータ使用量を越えようと思うと、標準画質の動画を約38時間も見る必要があります。

ポケットWi-Fiの評判まとめ

ポケットWi-Fiは、販売する会社によって通信速度や可能な通信量が違います。

自身がポケットWi-Fiを利用するエリアによっても、繋がりやすさが変わってきます。

ポケットWi-Fiを契約する前に、自身のポケットWi-Fiを利用するエリアがポケットWi-Fiの利用可能エリアに対応しているのかを確認しましょう。