ポケットwifi ギガ放題のキャッシュバックキャンペーン

ギガ放題

ギガ放題

WiMAXにはいくつかのプランがあります。いくつかあるWiMAXのプランの中から、データの使用量が無制限で使い放題のギガ放題プランについて説明したいと思います。

自分にあったプランを選ぶためにも、しっかりと確認しましょう。

WiMAXのギガ放題プランを紹介

今回おすすめするWiMAXのギガ放題プランですが、まず初めにギガ放題プランとはどんな内容なのか説明したいと思います。

ギガ放題プランって?

ギガ放題とはWiMAXの契約プランのひとつで、月々データ量に制限がなく、使い放題で利用出来るプランです。

最大440Mbpsの高速通信で月間のデータ使用量に制限がないので、動画の視聴や、容量の大きいファイルのダウンロードなども安心して行うことができます。

データの使用量が決められたプランでたくさん通信をしようと思うと、追加料金など発生することもあります。しかしギガ放題プランでは追加料金も一切なく利用することができます。

2年プラン、3年プランの違い

WiMAXの契約プランには、2年契約と、3年契約の2つがあります。現在、WiMAXを販売する会社で主流になっているのは3年契約のWiMAXです。

これから契約期間の違いによるメリット、デメリットを見ていきたいと思います。

2年契約では、契約期間が短いからこそのメリットとデメリットがあります。
いくつかピックアップして紹介したいと思います。

キャンペーンを多く受け取ることができる

WiMAXを販売する会社の多くは、契約時にとてもお得なキャンペーンを行っています。
現金のキャッシュバックや商品券のプレゼントなどたくさんあります。

契約期間が短いということは、乗り換え時にキャンペーンを受け取る機会が多いということなので、それだけお得にWiMAXを使うことができます。

2年単位の月額料金割引が適用

WiMAXの契約プランでは多くの会社が月額割引キャンペーンを行っています。
しかし、ほとんどの会社の月額割引キャンペーンは最初の2年間のみが適用期間なのです。
3年契約の場合は3年目は割引が適用されないので、2年契約の方がお得にWiMAXを利用できます。

デメリット

契約期間が短ければ、乗り換えをするときにお得なキャンペーンを受けることができますが、一方で契約をたくさん行わなければいけません。

WiMAXの契約は自動更新がほとんどなので、乗り換えの契約を忘れて放置してしまっていると、新たに2年契約が始まってしまい、余計な出費になってしまいます。

契約をすることが面倒という人には向かないかもしれません。

LTEオプション料がかかる

2年契約ではLTEオプションを無料で利用することができません。LTEオプション自体を利用することはできますが、利用した月は追加料金を支払わなければいけません。

生活圏内が都心で、LTEオプションを利用する機会がほとんどない人には問題ありませんが、電波の繋がりにくい地方などで利用する人にとっては、LETオプションが無料で使えないことはデメリットになります。3年契約プランを紹介。

ギガ放題のメリットを紹介

1、LTEオプションが無料
通常LTEプランを利用した月は、1,005円を追加で支払わなければいけませんが、3年契約プランにするとLTEオプションを無料で利用することができます。
地方や都心部から離れた場所でWiMAXを使う人は、とてもお得になります。

デメリット

3年契約では、契約期間が長いことによるデメリットがあります。
契約する前にしっかりと確認しておきましょう。

ライフスタイルの変化に対応できない

3年契約プランでは、3年以内に解約すると違約金が発生してしまいます。
違約金を払わないためにも、転勤や住む場所が変わってしまう場合でもWiMAXを契約し続けなければいけません。

ライフスタイルに合わせることが難しいので、転勤が多い人などには向きません。

端末やバッテリーが消耗する

当然、機械などで時間が経つと端末やバッテリーも劣化していきます。

バッテリーの減りが早く感じても、端末の無料交換などは行っていないので、バッテリーが劣化した状態で使い続けなければいけません。

通常プランとの違い

ギガ放題プランと通常プランではデータの使用可能量と料金が違います。WiMAXの通常プランでは、月に使えるデータ量が7GBです。

7GBを超えて利用する場合は128kbpsに制限されるのでSNSや動画を閲覧することは難しくなります。

また、ギガ放題プランはデータ量が無制限に使えることもあり、通常プランよりも月額料金が高く設定されています。

UQ WiMAXでは、ギガ放題プランは通常プランと比べると700円ほど高いです。

WiMAXのギガ放題プランを契約する際の注意点

ギガ放題プランについて説明してきましたが、契約する前に知っておくべき点がいくつかあります。

3つのポイントに注目して見ていきたいと思います。

ギガ放題プランでも7GBの制限がある

ギガ放題プランは月々のデータ使用量に制限はありませんが、LTEオプションでの通信が7GBを超えてしまった場合には速度に制限がかかってしまいます。LTEオプションの通信で制限がかかると、LTEオプションを使わない通常のWiMAXの通信にも速度制限がかかってしまうので注意が必要です。

LTEオプションは使い放題でない

少し重複にはなりますが、ギガ放題プランで契約したとしても、LTEオプションでの通信は無制限ではありません。
7GBを超えてしまうと速度に制限がかかってしまうので、注意が必要です。

使い放題でも3日間の制限がある

ギガ放題プランでは、連続する3日間で10GBを超える通信をすると、翌日の18時から2時までの6時間は速度に制限がかかってしまいます。
しかし「3日間10GB」の制限はそれほど気にする必要はありません。

というのも、10GBを超えたとしても1Mbpsに制限されるだけなのです。
通常プランでは128kbpsに制限されてしまい、快適に通信を行うことは難しいです。
しかしギガ放題プランでは1Mbpsに制限されるだけなので、SNSや動画の閲覧などは快適に利用することができます。

WiMAX(ギガ放題プラン)と固定回線

ギガ放題プランも固定回線もデータ量は使い放題ですが、どちらを選ぶのが良いのでしょうか。
それぞれのメリット、デメリットを見比べてみましょう。

・WiMAX(ギガ放題プラン)

メリット

WiMAXは最近どんどん人気が出ているポケットWi-Fiで、様々なメリットがあります。
しっかりと確認していきましょう。

1、工事が不要

WiMAXなどのポケットWi-Fiであれば、家に届けばすぐに使い始めることができます。
開通工事が不要なので、工事費がかからず初期費用も抑えることができます。

2、使う場所を選ばない

WiMAXのようなポケットWi-Fiは、家の中以外でも使うことができます。
またスマホの通信もWiMAXを使うことで、スマホの通信料も安く済ませることができます。

デメリット

1、固定回線より速度が安定しない

WiMAXは固定の光回線のように、外部からのノイズに影響されることがあるので、WiMAXの方が通信は安定しません。

2、使えない場所もある
WiMAXの通信エリアはどんどん拡大されていますが、それでも通信しづらいエリアはあります。

WiMAXを契約した後に、自身のエリアがWiMAXの通信の対応エリア外だと気づいても遅いので、契約前に確認しておきましょう。エリアのご確認はこちら

まとめ

WiMAXのギガ放題プランについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。
通常プランやギガ放題プランなどいろいろなプランがある中で、自分のライフスタイルに合わせてプランを選ぶ必要があります。
また、契約期間も2年や3年とプロバイターごとに違う場合もあるので、しっかりと確認してから選ぶようにしましょう。