ポケットWiFiを解約手続きの方法を紹介

wimaxプランナー

ポケットWiFiにはどこのキャリアで契約しても基本的に最低利用期間があり、期間内に解約すると解約金がかかってしまいます。

今回の記事ではポケットWiFiの解約方法や注意点、解約金を0円にする方法、間違えて契約した場合の対処法を解説します。

キャリアごとのポケットWiFiの解約方法!

ポケットWiFi(Wi-Fiルーター)の解約窓口は、各社で異なります。

まずはUQ WiMAXとワイモバイル、そしてソフトバンクやドコモといったキャリアのポケットWiFiを解約する方法を解説します。

これからポケットWiFiを解約予定の方は、参考にしてくださいね。

UQ WiMAX

UQ WiMAXの解約には、電話窓口のUQお客さまセンターへの問い合わせが必要です。

0120-929-818
(受付時間:9時~21時)

電話以外での解約は基本的に受け付けていないので、注意しましょう。

ちなみにWiMAXはUQコミュニケーションズのUQ WiMAX以外にも、様々なプロバイダで契約できます。

他社プロバイダの場合は電話での解約、インターネットからの解約など、解約方法が異なる場合もあります。各社の公式サイト等で、確認しましょう。

ワイモバイル(Pocket WiFi)

ワイモバイルで契約したポケットWiFiは、ワイモバイルショップかワイモバイルカスタマーセンターで解約できます。

ワイモバイルショップに直接足を運ぶ場合は、店舗の営業時間内に必要書類を持って店頭へ行きましょう。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 印鑑
  • 解約する機種とUSIMカード

以上3点が必要です。ただし機種やUSIMカードは、紛失の場合は必要ありません。

ワイモバイルカスタマーセンターは、

0570-039-151
(受付時間:9時~21時)

上記の電話番号です。受付時間内に電話をかけましょう。

ソフトバンク(Pocket WiFi)

ソフトバンクでポケットWiFiを解約する場合は、ソフトバンクショップへ足を運べばOKです。

  • 本人確認書類
  • 解約する機種とUSIMカード

解約には、以上2点が必要です。USIMカードを紛失している場合は、店頭での相談となります。

ドコモ(Wi-Fi Station)

ドコモで携帯電話等を解約する際はドコモショップでの手続きとなり、ポケットWiFiを解約する場合も同様です。

解約の際は、ドコモUSIMカードが必要です。

紛失などの原因でUSIMカードを所有していない場合は、USIMカードの代わりに運転免許証等の本人確認書類かネットワーク暗証番号の入力が必要となるので注意しましょう。

解約金を支払わないで済む方法!

各キャリアでは2~4年の契約期間が設けられていて、期間内に解約すると契約解除料が発生します。

ここからは、解約金を支払わずにポケットWiFiを解約する方法を解説します。

契約更新月に解約する

ポケットWiFiは、契約更新月に解約すれば解約金(契約解除料)がかかりません。

例えばUQ WiMAXを「UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)」で契約した場合、課金開始日を含む月を1ヶ月目として、26ヶ月目が契約更新月に設定されています。

26ヶ月目なら解約金がかからないので、無料で解約したい方は以上のような契約更新月に合わせて解約しましょう。

キャンペーンがある会社に乗り換える

他社のポケットWiFiや光回線に乗り換える予定の方は、乗り換えに当たり他社で発生した解約金を負担してもらえるキャンペーンが行われている会社に乗り換えれば、解約金を実質0円にできます。

例えばBroad WiMAXでは、上限を19,000円として利用中の他社WiMAXにおける違約金を負担してもらえる「違約金負担のお乗り換えキャンペーン」が展開中です。

各社のキャンペーンを確認し、解約金相当を負担してもらえる会社に乗り換えましょう。

ポケットWiFiを解約する際の注意点

ポケットWiFiを解約する際は、様々な料金が発生します。解約金以外にも費用が掛かる可能性があるので、しっかり確認しましょう。

ポケットWiFi解約時の様々な注意点を紹介します。

解約金にかかる月額料金を確認する

ポケットWiFiを無料で解約できる契約更新月でも、解約した月の月額料金は普通に発生する場合があります。

各社で解約月は日割りだったり、満額請求だったりするので、確認しておきましょう。

例えばUQ WiMAXは、解約月の月額料金が日割りに設定されています。

解約時に発生するオプション利用料を確認する

ポケットWiFiにオプションサービスを追加している場合は、解約時に発生するオプション利用料についても合わせて確認しましょう。

例えばUQ WiMAXの場合は、解約月のオプション利用料は日割りにならず満額請求されます。

端末の残債がある場合は一括での支払いが必要

ワイモバイルのポケットWiFiなど、契約時にルーターの購入が必要なポケットWiFiを契約している場合は、解約時点で端末の残債が残っている場合に一括での支払いが必要です。

現在の契約内容を確認し、端末の残債の支払いが必要な場合は費用を用意しておきましょう。

間違ってポケットWiFiを契約した場合の解約方法は?

ポケットWiFiを契約したものの電波が届かず使えない、勧誘されてなんとなくで契約してしまったなどの理由ですぐに解約したい場合は、契約から8日以内なら対応してもらえます。

UQ WiMAXは「初期契約解除」により、通信が利用可能になった日か契約書面を受領した日のどちらか遅い日から8日以内に「UQお客さまセンター」で解約可能です。

ただし登録料や契約解除までのサービス利用料は請求されるので、注意しましょう。

ワイモバイルのポケットWiFiも同様に、「8日間キャンセル」の制度により8日以内であれば契約した店舗で解約できます。ただし月額料金は日割りで請求されるので注意しましょう。

ソフトバンクやドコモでポケットWiFiを契約した場合も、8日以内ならキャンセル可能です。それぞれ契約した店舗に行けば、解約手続きができます。

利用料金は日割りで請求されるので、覚えておきましょう。

まとめ

ポケットWiFiを解約する際は、電話窓口や店舗など各社で窓口が定められています。対応する窓口から、解約手続きを行いましょう。

解約の際は契約更新月に手続きをすれば、契約解除料が発生しません。

ただし契約解除料が0円になっても、別途解約月の月額料金やオプション料金、端末の残債が請求される場合があるので注意しましょう。