broadwimaxって遅いの?速いの?通信速度改善方法

broadwimax通信速度改善方法

broadwimax通信速度改善方法

せっかくbroadwimaxを購入したのに速度が遅い!というお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
今回はbroadwimaxについて学びながら、速度制限がかかる理由と通信速度が遅い時の対処法についてご説明します。

broadwimaxについて

wimaxの通信モードは、以前は3種類の通信モードがありましたが、2018年をめどにwimax/wimax2+(ハイスピードモード)と、wimax2+/au4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)に統一される予定です。

wimax/wimax2+(ハイスピードモード)

最大速度 110Mbps 220Mbps 440Mbps

ハイスピードモードとは、WiMAXの主流回線である、WiMAX2+を使用し通信するモードです。
端末の初期設定はハイスピードモードに設定されているので、なにも変更をしていなければ基本的にはハイスピードモードでの通信になります。

現在、通信速度下り最大440Mbpsのエリアが拡大中です。
440Mbpsエリアであれば、4G回線と比べてもスムーズにインターネット通信ができます。

ハイスピードモードでも、端末によっては440Mbpsまで速度が出ない端末もあるので、機種ごとの対応している速度と対応しているエリアの確認は必ず行いましょう。

ハイスピードモードにもデメリットがあります。
下記で紹介するハイスピードプラスエリアモードに比べると、電波が障害物に弱い、電波の届く範囲が狭い、地下や鉄筋の建物などは電波が届きづらい、などがあげられます。

電波が届くか不安であれば、一度公式サイトのピンポイントエリア判定を試して、自分がよく使うと思う場所を検索してみましょう。

高速回線を利用することができ、ギガ放題プランに契約すれば月額制限がなく利用できます。デメリットとしては、場所によっては、wimaxの回線を使用することがある事です。

wimax2+/au4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)

最大速度 75Mbps 370Mbps

WiMAX2+と4G LTEの回線が利用できる通信モードです。4G LTEは携帯会社なども利用している安定した電波で、障害物にも強く、電波が届く範囲も広いため、いまや電波の届かないところを探すほうが難しいくらいのカバー率となっています。

しかし、ハイスピードプラスエリアモードを利用するためには、LTEオプションという追加のオプションを利用することになり、利用した月は1,085円の追加料金が発生してしまうことです。
ただし、LTEオプションは3年契約の場合オプション料金が無料になるので、追加で支払う料金をゼロにする方法となります。

Broad WiMAXのエリア確認について

通信速度が遅いと感じた方、購入しようと考えている方、まずはエリアの確認を行ってみて下さい。Broad WiMAXの公式サイトからwimaxを使用出来るエリアかどうか、簡単に確認することが出来ます。
「圏外✕」や「不確定△」という結果が出たとしても、専門スタッフの方がエリアを調査してくれるようです。まずは、Broadwimaxが使用可能なエリアなのか確認してみましょう!

wimaxは全国実人口カバー1億人を達成しています!

wimaxは累計契約数が2,000万契約を突破していて、全国実人口カバーは1億人、屋外基地局は20,000局を達成していて、エリアは全国に広がってきています。

つながりやすさの向上

wimax電波の送信出力の向上とwimax端末機器のアンテナの増幅向上によって、圏外だった場所のエリア化が進められています。
また、wimax基地局を増設することによって、つながりやすさの向上にも努めているようです。

速度制限にかかってしまう理由とは?

「通信速度が遅い!」と思って速度を確認してみると、通信速度制限にかかっていたということありませんか?wimaxには、ライトプランとギガ放題プランがあり、プランごとに制限が変わります。

ライトプランで月間使用量7GB超えをした場合
通常プラン(ライトプラン)は、月間7GBを超えると月末まで128kbpsに通信制限されてしまいます。通常は440Mbpsの高速通信なので、128bkps(0.128Mbps)に通信制限されると、約1 / 440の通信速度になってしまうので、ご注意下さい。

3日間で10GBを超えた場合(ライトプラン・ギガ放題プラン共通)

3日間で10GBを超えると、10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間(18時〜26時=AM2時)に速度制限されてしまいます。つまり、昼間は速度制限にかからないというわけです。
また、速度制限中も1Mbps(=1000kbps)の速度が出るので、他のポケットWi-Fiなどに比べると速度制限が緩くなっています。

ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた場合(ライト・ギガ共通)

ハイスピードプラスエリアモードは、WIMAXが圏外になっていてもau4GLTEを利用して、インターネットに繋げることが出来るプランです。しかし、ハイスピードプラスエリアモードを7GB以上使用すると、翌月まで速度制限されてしまいます。

また、ギガ放題プランからハイスピードプラスエリアモードにした場合、月間7GBの制限が付与されてしまいます。

速度制限の対処法

wimaxの速度制限にかかってしまった場合、速度制限を解除する方法はありません。
また、追加料金を払って容量を増やせるなどという制度もありません。

・データ通信量を確認して、使用しすぎないようにする。
wimax端末の画面で、wimaxのデータ通信量を確認出来ます。通信制限にかからないようにする為には、3日間で10GB以上にならないように考えて使用する必要があります。

・もしも、3日間で10GBを超えてしまった場合
10GBを超えてしまった場合は、その日は使用を抑えるようにしましょう。10GBを下回ると速度制限は解除されます。

・ライトプランとギガ放題プランを変更する
ライトプランで月間7GBを超えてしまった場合は、月に1度だけ、ライトプランとギガ放題プランの変更が可能です。なので、ライトプランで月間7GBを超えてしまった人は、ギガ放題プランに切り替えるというのもいいでしょう。
1,000円未満の上乗せ額でほとんど使い放題になるので、とてもお得です。
速度制限の対処法

通信量の確認方法

wimaxの通信制限にかからない為にも、通信量を自己管理しましょう。
WIMAX端末のデータ通信量表示機能を活用して、直近3日間のデータ通信量を確認出来ます。

端末ディスプレイから確認する方法

端末ごとに確認方法は様々です。

・WX01

Speed Wi-Fi NEXT WX01は、事前に端末ディスプレイの設定を行うことで確認可能です。

1示画面でSELECTボタン6回
2SETボタン1回
3SELECTボタン3回
4SETボタン1回

上記の手順を行うことで、ホーム画面に通信量を表示することが可能になります。

・W01

ディスプレイのホーム画面で確認出来ます。

・HWD15

ディスプレイのホーム画面で確認出来ます。

アプリで確認する方法

WX04などNEC製WiMAXルーターを使っている場合は、タブレットやスマートフォンに「NEC WiMAX 2+ Tool」という専用アプリをインストールすれば、データ通信量を確認出来ます。

W05などHuwaei製のWiMAXルーターを使っている場合は、タブレットやスマートフォンに「Huawei HiLink」という専用アプリをインストールしてデータ通信量を確認出来ます。

マイページで確認する方法

UQコミュニケーションズ、@nifty、So-netでWIMAX回線を契約している場合、プロバイダの公式サイトから通信量を確認することが可能です。プロバイダによって名称が異なるので、下記でご確認下さい。
また、ログインする際は、プロバイダから提供されたIDとパスワードを使ってログインして下さい。

  • ・UQコミュニケーションズ → 「My UQ」
  • ・So-net → 「マイページ」
  • ・@nifty → 「会員サポート」

Broad WiMAXを使用している環境に問題はありませんか?

wimaxを使用している周辺環境に問題があっては、wimaxがあっても本来の性能を発揮できません。
速度が遅いという方は、以下の確認をしてみましょう!

障害物がないか

wimaxの電波には「障害物を避けることが出来ない」という欠点があります。高い建物に周囲を囲まれているという人は、どうしても通信速度が遅くなってしまうかもしれません。
また、部屋の奥にルーターを置いているという人は、窓際にルーターを置いてみて下さい。通信速度が改善する可能性があります。

どうしてもWi-Fi機器を部屋の奥で使用したいという人は、中継器を使用して見て下さい。電波が中継されることで、速度の低下を回避できるでしょう。

電波が他の機器と干渉していないか

wimaxの周波数は2.4GHzです。
wimaxと同じような周波数の無線LANやBluetooth(ブルートゥース)、電子レンジなどがある場合は、電波が干渉しあってしまう場合があります。
上記の機器から離れた場所にWiMAX端末を設置しましょう。
電波が他の機器と干渉していないか

Broad WiMAXがおすすめの理由

どこのWiMAXプロバイダを選ぼうと、wimaxの通信速度はほとんど変わりません。

速度の次に気になる金額を比較した場合、broadwimaxは月額料金が2,726円からで、他社と比べても安く継続しやすくなっています。キャッシュバックを受け取る手続きの手間もなく、確実にお安く使用出来ます。月々の料金では業界の中で最安値!というわけではありませんが、Broadwimaxは、契約25ヶ月目以降がお得で、他社よりも安価となっています。

また、時期によってはWEB割キャンペーンが実施されているなど、公式サイトも確認して、契約するといいかもしれませんね!

対処法を探してbroadWiMAXを快適に使用する

通信速度に制限がかかってしまう!通信速度が遅い!というのは、broadWiMAXだけに関わることではありません。
他社で契約したとしても大体同じようなことで速度制限にかかります。
自分でwimaxの使用環境や通信量を確認し、なるべくWiMAX通信制限にかからないように、broadWiMAXを使用しましょう。